bar menu close

STRUCTURE 構造・セキュリティ

Eco

KDDIの一括受電システム 

マンションでご利用になる電力を地域電力会社から高圧一括で購入し、KDDIがマンション内に設置する受変電設備で低圧に変換して、マンション共用部の設備(照明、電動機等)と居住者さまへ提供します。また専有部は、地域電力会社の電気料金よりおトクな電気をお届するサービスです。

電気料金の比較
サービスの仕組み
※掲載の写真はモデルルームCタイプ(LDK拡張のセレクトプラン)を平成29年8月に撮影したものであり、一部有償オプション、家具、調度品等が含まれており、これらは販売価格には含まれておりません。

Structure

ご入居後の安心と快適のために 

堅固な支持層に打ち込む杭基礎工法

「プレシス相模原リベール」の基礎構造は、綿密な地盤調査により検出した、地下約18.5m、N値60の硬い支持層に22本の場所打ちコンクリート杭を打設。現場の地盤に適した深さに多数の杭を打ち込むことで、強固な建物構造を実現しています。

場所打ちコンクリート杭
構造概念図

快適で安心な暮らしを築く、強固な基本構造。

床スラブや妻壁、戸境壁は、コンクリート内に鉄筋を二重に組み上げるダブル配筋(一部ダブルチドリ配筋)とし、高い構造強度を発揮しました。階下への振動や床面の衝撃音を吸収するため、乾式置床と空気層を設けた床工法を採用し、床スラブ厚は約200㎜を確保。遮音性に配慮した床材を使用し、遮音性能基準をLL-45等級としました。外壁のコンクリート厚を約150㎜以上(住戸部のみ※一部除く)確保し、耐久性・断熱性を向上。また、各住戸間を仕切る戸境壁を約180㎜とし、隣接住戸の生活音にも配慮しました。

※LL-45は床材単体(置床含)の性能であって、実際の建物ではこの性能が得られない場合があります。
基本構造
参考概念図

SAFETY TREE ”安全””安心”という土台の上に広がる未来

SECURITY FORT

「安心のトリプルセキュリティー」

エントランスのカメラ付オートロック、セキュリティ機能付エレベーター、防犯対策を施した玄関扉によるトリプルセキュリティを導入し、不審者の侵入を抑制します。エレベーターは、鍵がないと呼び出せないセキュリティ機能付エレベーターを採用しています。

概念図
24時間セキュリティシステム

alsok 住戸内で火災などの異常が発生した場合、住戸内のセキュリティインターホンが警報音を鳴らし、警報表示が点滅、さらに管理室にも警報が届きます。同時に綜合警備保障へ自動通報され、迅速かつ的確に対処。状況に応じて関係各所に通報します。

※機械警備は管理委託契約に則り、警備会社、警備システムが上記と異なる場合がございます。
概念図
ノンタッチキー
参考写真

エントランスの出入口は、非接触型キー対応のオートドアなので、キーをかざすだけで解除でき、スムーズな出入りが可能です。

ダブルロック仕様の玄関
参考写真

防犯仕様のサムターン回し対策錠や鎌デッド錠、ダブルロックで玄関の安全性を高めています。

1.防犯仕様のサムターン回し対策錠
2.鎌デッド錠
3.ダブルロック
カラーモニター付
 多機能インターフォン
参考写真

各住戸のカラーモニターでエントランスホールにいる、来訪者を映像と音声で確認してから解錠できるので安心です。

監視カメラ設置
参考写真

共用部各所に監視カメラを設置。監視機能としてはもちろん。犯罪等の抑止効果も高まります。

inspection

住宅性能評価

評価は、国土交通大臣に登録を行った、登録住宅性能評価機関に所属する評価員が行います。設計段階のチェック(設計住宅性能評価)と建設工事・完成段階(建設住宅性能評価)のチェックがあり、求められている性能どおりに設計がなされ、また評価を受けた設計通りに工事が進められているかどうかをチェックします。

性能評価
長期固定金利住宅ローン【フラット35】
長期固定金利住宅ローン【フラット35】
「第三者機関による品質監査」

安心してご入居いただくために、第三者機関による監査を実施し、住宅の品質アセスメントを実施しております。

第三者機関が行う配筋検査は、通常では建築基準法や住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)で定められた特定フロアのみ。しかしプレシスでは、第三者検査義務のないフロアについても、施工者・管理者の検査に加え、ビューローベリタスジャパン株式会社による確認監査を実施しています。また地震の際などに柱や梁が壊されないために設ける「構造スリット」の確認、タイル剥離などを防止する「引張強度検査」でも同様に、任意のフロアで第三者機関による確認監査を実施しており、監査結果報告書が発行されます。施工終了後には確認・補修が困難で、見えなくなってしまう箇所だからこそ、ご安心いただけるよう一人でも多くの専門家が確認します。

配筋検査の場合

DAILY SUPPORTS

■「DAILY SUPPORTSコールセンター」

専有部の不具合のご報告、使い方などのご質問など、24時間365日、専用コールセンターでお受けいたします。また、緊急を要する水まわりのトラブルには、コールセンターから駆けつけサービスを手配し、対応いたします。

■「住宅設備機器10年保証」

住宅設備機器※のメーカー保証について、ジャパンベストレスキューシステム株式会社の住宅設備あんしんサービスを標準付帯し、お引渡しより10年間まで保証延長いたします。※対象となる住宅設備機器は物件により異なります。

イメージ